結婚式・披露宴

【花嫁の髪型】ヘアカラーは何色?明るさは?ショートヘアでもOK?

「花嫁はロングヘアじゃないといけないの?」

「結婚式や前撮り当日のヘアカラーは何色にしよう?明るさのトーンはどのくらいが良いんだろう?」

「結婚式を控えているけど、ヘアケアって普段通りで良いの?」

結婚式に向けて髪の毛を一生懸命伸ばしたり、ヘアケアに力を入れたり、ヘアカラーについて悩んでいたりするプレ花嫁さんも多いかと思います。

この記事では、プレ花嫁の髪の毛事情について紹介していきたいと思います!

花嫁の髪の毛はロングヘアじゃないとダメ?

花嫁の髪型をイメージするとき、ロングヘアを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

もえ

編み込み、ポニーテールや夜会巻きなどまとめ髪のアップスタイル、ハーフアップなどのダウンスタイル、フィッシュボーンやサイド流しヘアなど…

人気の髪型や最新・流行りのスタイルは、どれもロングヘアのイメージです。

確かに、ロングヘアの方が髪型の選択肢は広がりますよね。

ロングヘアだとアップスタイルやダウンスタイルなど、披露宴のお色直しの時にイメージを変えやすいです。

でもショートヘアがダメというわけではありません!

ロングヘアに比べるとアレンジの種類が少なかったり幅が狭くなってしまったりするのは事実ですが、ショートヘアでもアレンジは可能です♡

もし、やりたい髪型があるけど髪の毛の長さが足りないという時は、付け毛やウィッグを使ってアレンジすることもできます。

ですので、ショートヘアの方もやりたい髪型を諦めないでくださいね。

もえ

ちなみに私は、なぜか急に思い立って、結婚式の1年前に髪をバッサリ短くしました!笑

美容師さんには「来年の○月×日に挙式予定なので、その頃に髪が結べるくらいでギリギリ短くしてください!」と伝えました。

10年以上ずっとロングだったので一度ショートにしてみたくなってしまって…。強行突破したのも良い思い出です♡

ショートヘアのままでも和装やドレスって着られる?

「ショートヘアのままでも和装やドレスって着られる?」と思っている方も安心してください!

もちろんショートヘアでも和装もドレスも着ることができます♡

和装は白無垢(しろむく)・色掛け(いろかけ)・引き振袖(ひきふりそで)の3種類に分かれています。

白無垢を着るときの代表的な髪型は「文金高島田(ぶんきんたかしまだ)」です。

文金高島田は未婚女性の象徴で、上品で優美な髪型とされています。

この場合はロングヘアだとしても鬘(かつら)を使用する花嫁が多いようです。

また、ショートヘアでドレスや色掛けを着る場合は、付け毛をしてロングヘアのように見せることも出来ます。

もし付け毛をつけないアレンジでショートヘアを活かすなら、華やかな飾りやヘッドドレスを付けても可愛らしいですね。

ショートヘアのままだと、特に横顔の可愛らしさが増します。

ただし、付け毛をつけてアップスタイルにする場合は、最低でも長めのボブ~ミディアム・セミロング位の長さはあった方が良いでしょう。

もえ

地毛がギリギリ結べれば付け毛でアップヘアに出来ますが、ベリーショートなどの場合は付け毛をつけるのが難しいため、ショートを活かしたアレンジにするのが良さそうです♡

伸ばす習慣のない人は「切りたい!」という衝動に駆られることもあるかもしれませんが、もし挙式当日アップスタイルにしたいならそこはグッと我慢して、髪を結える長さまで伸ばすことをおすすめします。

また、当日やりたい髪型のイメージがある、という方は事前に美容師さんに画像や写真を見せて相談をしておくのも良いですね。

ヘアカラーと髪色の暗さ(明るさ)について

ヘアカラーやトーンについては、当日の衣装に合わせて決めましょう。

髪色の暗さや明るさについて特にきまりはありませんが、迷う場合は明るすぎるトーンより落ち着いたトーンをおすすめします。

特に和装を着る場合には黒髪がよく似合います。

また、ウエディングドレスの白はレフ版のようにお肌を明るく見せてくれる効果があるので、落ち着いたトーンの髪色の方が顔に透明感が生まれ、ウエディングドレスに映えます。

もえ

暗めの髪色だと上品な印象になりますし、明るめの髪色なら華やかな印象になります。

挙式当日、自分がどんな花嫁姿になりたいのかをイメージして決めると良いですね♡

ヘアカラーの色味に関しては、カラードレス又は和装と合わせて暖色系か寒色系を選びましょう。

オレンジ系やピンク系なら暖色系、ブルー系やグリーン系なら寒色系になります。

もしどんな色が良いか分からない場合は、当日に着るドレスや和装の写真を見せて美容院で相談すると、アドバイスして貰えますよ♡

結婚式でイマドキの花嫁に人気のヘアカラーは、ウエディングドレスには肌馴染みの良いベージュ系やくすみカラーのアッシュ系、和装には黒髪や暗髪が人気です。

もえ

私は前撮りのときも結婚式・披露宴当日も、9トーンのアッシュ&マット系にしました。

美容師さんと相談し、カラードレスに合わせて、寒色系の髪色にしてもらいました。

自分のなりたいイメージをある程度決めた上で、プロにアドバイスをもらうと良いですね♡

美容院に行くタイミングはいつがベスト?


美容院へ行く時期は、挙式当日の1週間~10日前がベストです。

そのあたりにヘアメイクリハーサルがあることが多いと思うので、イメージを掴むためにもリハーサルの日までに済ませておきましょう。

前撮りの場合も同様に、1週間程度前までに美容院を済ませておくことをおすすめします。

1か月以上前などあまり早くに美容院へ行ってしまうと根本がプリンになってしまったり、せっかく染めた色が落ちてしまうこともあるのでおすすめしません。

縮毛矯正はかけていても大丈夫?

「縮毛矯正をしていたら巻き髪のヘアアレンジやヘアセットは出来ないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、大丈夫です。

縮毛矯正については色々な種類がありますが、かけていたからといって髪を巻くことができないわけではありません。

癖が強い場合には、ヘアメイクリハーサルまでに部分的にでもかけておいた方が良い場合もあります。

心配だという方は美容師さんに相談してみましょう!

もえ

私のお友達は、癖が出やすい前髪の根本に部分的に縮毛矯正をかけていたため、結婚式のときもセットがとても楽だったと言っていました♡

スペシャルケアの必要性について

「トリートメントはサラサラになり過ぎてセットがしにくくなる?」という話もよく耳にしますが、美容院やセルフケアでのトリートメントはマストです。

特に毛先は乾燥しやすくダメージが出やすいため念入りにケアをしましょう。

髪の毛のダメージは自然光に当たった時に目立ちやすくなる場合があります。

せっかくガーデンに出て列席者の皆さんと写真撮影をする時に「あれ?結構髪の毛傷んでる?毛先がパサパサだなあ…」なんて思われることの無いように、日頃からヘアケアを頑張りましょう♡

ちなみに髪の毛を綺麗なツヤ髪にしたいなら、ドラッグストアのシャンプーやトリートメントを使うのは絶対ダメ!

シャンプーもトリートメントも、美容院専売品を使いましょう

もえ

美容院専売品を使うと、本当に髪の毛が綺麗になって自信が付きますよ♡

私もサロン品質のシャンプーやコンディショナーを使い続けることで、髪の毛を傷ませず、綺麗に伸ばすことが出来ています!

私が愛用している美容院専売品のヘアケアはこちら

髪全体にツヤが出ることで肌も綺麗に見えますので、普段からホームケアをしっかりすることが大切です。

もえ

実は昔、ヘアカラーのしすぎで、チリチリのほうきみたいな髪の毛になってしまって悩んでいた私…;泣

そんな私でも今は「髪ツヤツヤで綺麗♡どこの美容院行ってるの?シャンプーは何使ってるの?」と聞かれるようになりました♡

みんなから憧れられるツヤ髪になれた理由は、普段使っているシャンプー&トリートメントを変えたからです。

なので、ヘアケアに悩む方は今すぐに、普段使っているアイテムを見直すのがおすすめ。

月に1回の美容院のトリートメントより、毎日のホームケアが綺麗な髪を作る秘訣です!!!

自宅でもサロン級のヘアケアをしたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください♡

最後に

結婚式当日はもちろん、前撮りのときも髪の毛について悩みますよね。

私もプレ花嫁時代にすごく迷って、色々調べまくった記憶があります。

髪色は暖色系?寒色系?何色が良いの?

ヘアカラーのトーンはどのくらい?明るめがいいの?暗めがいいの?

髪の長さはロングじゃなきゃダメ?特別なヘアケアは必要?など…。

もえ

悩んでいるあなたに、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

髪の毛は、肌の美しさやメイク、そしてドレスを際立たせるのに重要な存在です。

もしやりたい髪型や気になるヘアアレンジがある場合は、ドレスのコーディネーターさんや美容師さんなどプロの方に、画像や写真を見せて聞いてみるのもおすすめです。

この維持を読んでくださったあなたが、素敵な髪の毛で、自信を持って当日を迎えられますように♡

ABOUT ME
もえ
9歳年上の夫のことが大好きでたまらない♡兼業主婦OLです。 自分の結婚式の経験を活かして、プレ花嫁さんの不安や疑問を解決します! Instagram・Pinterest毎日更新中♡