結婚式・披露宴準備

結婚式・披露宴の装花の種類と平均予算・見積もりの注意点を知ろう!

結婚式や披露宴には欠かせない、装花。

結婚式のイメージを大きく左右する、重要なアイテムともいえますね。

大切な結婚式や披露宴は、心ときめく素敵な空間にしたいもの。

どんな空間にしようかな?花の選び方は?どんな選択肢があるのかな?と考えている人に、おすすめしたい情報をまとめてみました♡

装花って何?

装花(読み方:そうか)とは、結婚式や披露宴の会場を飾る花のことです。

会場全体を華やかにし、特別な空間を演出してくれます。

お花のイメージや色合いによって、空間の印象は大きく変わるので、とても重要なアイテムです。

装花は絶対必要なの?

「家族婚で身内だけの形だから、装花はいらない?」という疑問をもつ人もいるようですが、装花は必須アイテムといえます。

もえ

装花のない会場だと、ただの食事会のような雰囲気になってしまいそう。

装花は、お祝いの特別な空間として場を華やかにしたり、料理やドリンクと同様、ゲストへのおもてなしの一つでもあるのです♡

結婚式の装花ってどこにあるの?

実は装花は、いたるところに飾られています。

結婚式会場や披露宴会場、それぞれの場所ごとに、どんな装花があるのかをご紹介します。

結婚式会場

チャペルなど、結婚式場内にある装花を紹介します。

祭壇装花

新郎新婦が結婚を誓い合う、祭壇の装花。

チェアフラワー

チャペル内のゲスト用のイスの装花。

その他、バージンロードやその両側に花びらを散らすような装花もあります。

披露宴会場

披露宴会場にある装花を紹介します。

高砂装花(メイン装花)

新郎新婦が座るメインテーブルや、その背景の装花。

最近では、高砂ソファのスタイルもありますが、その場合はソファの周囲にする装花。

卓上装花(ゲストテーブル装花)

ゲストが座る、ゲストテーブルの装花。

ケーキ装花

ケーキの周りやケーキナイフにする装花。

ウェルカムスペース

受付の周辺や、会場入り口にウェルカムボードなどとあわせてする装花。

もえ

生花を使う場合は、披露宴が終わったら、テーブル装花をゲストに持ち帰ってもらうことも出来ますよ♡

生花・造花の違いは?

装花は、一般的に生花です。

しかし、部分的に造花やアートフラワーを使用する選択肢もあります。

それぞれの特徴を、メリット・デメリットとしてご紹介します。

生花とは

生花とは、本物のお花のことです。

生花のメリットは、何といっても香りが良く、一点ものであるということ。

もえ

造花にはない本物の華やかさや特別感、贅沢感があります。

また、披露宴後はゲストに持ち帰ってもらうことが出来ますよ♡

逆に生花のデメリットは、造花と比べると高価で費用がかかることです。

造花とは

造花とは、紙や布などを使って本物の花に似せて作った、人工のお花のことです。

造花のメリットは、費用を安く抑えることができることです。

デメリットとしては、安っぽかったり使い回されている感じがある場合もあります。

また一般的に、お祝い事などで使う装花は生花であるため、造花を使うことを否定的に思っている人が多いのも事実。

もえ

中には「ケチったな」と思う人もいるようです。

生花で理想の空間を作ると、予算オーバーになる…。でも造花を使うことで、もし安っぽくなったら嫌だなぁ…という人には、アートフラワー(アーティフィシャルフラワー)という選択肢がオススメです♡

アートフラワー(アーティフィシャルフラワー)とは?

アートフラワーとは、上質な布地で作られた高品質な造花のことです。

花びらなどの細かい部分まで本物そっくりに作られており、生花と見間違えるほどのものもあります

また、アートフラワーは色も豊富で、生花では出せない色や、珍しい色を作り出すことが出来るのも魅力♡

もえ

私は、費用をおさえるために、生花にアートフラワーを混ぜました。

アートフラワーのおかげで、予算内で理想の空間をつくることが出来ました♡

装花の平均相場は?

結婚式場や披露宴会場のいたるところに使われている装花。

…となると、そのお値段、気になりますよね。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2018.2019」によると、それぞれの平均予算は下記のとおりです。

結婚式場装花の平均価格

結婚式場の装花の平均的な予算は、このような金額です。

  • 祭壇装花…4万1302円
  • チェアフラワー…3万2958円

披露宴会場の平均価格

披露宴会場の装花の平均的な金額はこちらです。

  • 高砂装花(メイン装花)…7万2836円
  • 卓上装花(ゲストテーブル)…8436円/1卓あたり
  • ケーキ装花(ケーキ周り…1万670円、ケーキナイフ…6208円)
もえ

選ぶ花の種類や量、テーブルの卓数によって金額は大きく変わりますので注意しましょう!

装花見積もりの注意点

式場の打ち合わせでは、最初に見積りをもらうと思います。

しかし、見積りに提示されている装花の費用は、最低ランクのグレードのものに設定されていることがあります。

グレードの低い装花は、見栄えがしないことが多いので、後々グレードをランクアップする人が多いです。

このグレードアップにより、当初の見積額から最終的に費用がはねあがる可能性も…。

見積りの段階で“このランクだとどのような装花になりますか?”とサンプルを見せてもらったり、初めから、平均的なグレードで装花の見積りを出してもらうと良いですよ♡

装花をオーダーするときのコツは?

装花の打合せの時は、写真付きの「指示書」を作成して持参することをオススメします。

自分の希望を言葉で伝えていたのに、当日見てみると“イメージと違う…”とがっかりした、というのは、実はありがちな話です。

もえ

そんな事態を避けるためにも、オリジナルの指示書を用意してみましょう♡

【指示書の作り方】

指示書は、次のような内容を記載すると伝わりやすいです。
  • イメージやコンセプト
  • 自分の希望やこだわりたい部分
  • 写真データ
  • 予算

「ナチュラルな感じで」「全体的にピンクで」などのイメージでも良いですし、「2人の趣味がマリンスポーツだから、海をテーマに」「12月だから、クリスマスっぽく」など、コンセプトを決めて装花をオーダーするのも楽しそうですね。

また、イメージをより分かりやすく伝えるためには、写真は必須です。

Instagram(インスタグラム)Pinterest(ピンタレスト)などのSNSを利用し、あなたの希望する写真を見つけてみましょう♡


写真が見つからないときは、イラストなども良いかもしれません。

また、希望のイメージ通りに再現してもらうと、費用が高すぎる!という可能性も。

「これくらいの金額で…」と予算を伝え、予算の範囲内でイメージに近くなるように、フローリストさんと相してみましょう。

装花の持込って出来るの?

基本的に結婚式や披露宴の会場は、装花を持ち込みすることは難しいものです。

しかし、もし持ち込みが可能な会場を利用する人には、会場装花のレンタルという選択肢もあります。

最後に

装花は、会場の雰囲気に大きく影響します。

素敵な装花は、結婚式をより幸せな空間にしてくれることでしょう。

もえ

そして、結婚式や披露宴はあなたやゲストにとって、より心ときめく時間になり、いっそう思い出深いものになることでしょう♡

お値段が高くなりがちな装花ですが、予算に合うように工夫する方法は、色々あります!

後で「こうすれば良かった~…」と後悔しないように、ワクワクしたり、素敵だなぁとテンションが上がる空間をつくりたいですね。

どんな空間にしようかな?と楽しみながら、自分たちの理想の装花を考えてみてくださいね♡

【自分の理想の会場を作ろう!】イメージ別・季節ごとのオススメ装花 結婚式や披露宴を華やかに彩ってくれる、装花(読み方:そうか)。 どんなお花を使うかや、どんな色合いにするかによって、会場の雰囲気...
ABOUT ME
もえ
9歳年上の夫のことが大好きでたまらない♡兼業主婦OLです。 自分の結婚式の経験を活かして、プレ花嫁さんの不安や疑問を解決します! Instagram・Pinterest毎日更新中♡