結婚式場選び

withコロナ時代♡指輪選びや結婚式はどうしたらいい?

2020年3月頃から猛威を振るっている新型コロナウイルス。全国に緊急事態宣言が出されたり、連日ニュースを賑わわせていました。

そこから早4か月が経った今でも特効薬があるわけでもなく、今やアフターコロナどころかコロナと共存する「withコロナ時代」になっています。

そのような状況の中で、指輪選びや結婚式はどうしたらいいのか、そもそも入籍準備を進めていっていいのかなど、不安を抱えていらっしゃるプレ花嫁さんも多いですよね。

コロナ関係の記事を書いたらナーバスな気分になられるプレ花嫁さんもいらっしゃるかな?と思い、この記事を執筆するかは悩んだのですが…withコロナ時代だからこその疑問や不安を少しでも解決できると良いなと思い、書いてみることにしました。

withコロナ時代の指輪選び

2020年7月現在は、各ジュエリーショップで徹底的な衛生管理と配慮がされた形で営業を再開しているところがほとんどです。

体調に不安が無ければ、マスクや消毒必須でぜひ各店舗に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

ただし、3密を避けるためにも来店前の事前予約は必須!自分と大事な人を守るだけでなく、お店や他のお客様のことも考えて、事前予約をしてからお店に伺うのがマナーです♡

指輪選び♡事前予約はこちらから

withコロナ時代の結婚式

結婚式に関しては、正直指輪選びよりも慎重を期すことになると思います。ただ、コロナウイルスが完全になくなるまで結婚式ができない、というわけではありません!

いちばん大事なのはおふたりがどう考えるのか、です。その後にご家族の意向も伺いつつ、会場やプランナーさんに相談してみましょう。

ゼクシィ では「withコロナの結婚準備特集 」が公開されています。 3密を避けた結婚式の方法や会場の感染対策が取り上げられているので、ぜひご覧になってみてください。

結婚式への影響は?調査結果を公開

株式会社マイナビが行った「新型コロナウイルス感染拡大による結婚式への影響調査」によると、結婚式場探しをする人の5割が式を挙げて良いか不安を抱く現状がわかったようです。

◆結婚式の実施予定時期は「1年後・それ以上」が28.1%、次いで「未定」が26.2%。

◆結婚式場探し(見学)を始める時期について約4割の人が、「新型コロナウイルスの影響」を考慮

◆新型コロナウイルスの影響で、「式を挙げてよいか」、「予定通り式を行えるのか」について不安を感じている人が、それぞれ5割を超える

◆結婚式の準備期間が長くなることが「メリットである」と回答した人が75%

株式会社マイナビのプレスリリースより(出典:ZDNet Japan

もちろん不安を抱えていらっしゃる方もいますが、結婚式の準備期間が長くなることを「メリット」と捉えている方がとても多いことに驚きました!

もえ

何事も前向きに捉えていけるって素敵です♡

マイナビでは「#くふう婚」を募集♡

マイナビウエディングでは、「withコロナ時代」の結婚式応援企画がスタートしています!

withコロナ時代に3密を避けるアイデアやコロナ対策をしながら結婚式を叶えた実例を、「#くふう婚」と題してSNS上で募集。受賞者には商品もあるそうなので、ぜひ応募してみてくださいね♡

「#くふう婚」応募はこちら

まとめ

これまでとは生活様式もがらっと変えてしまうほど、私たちの生活に影響を及ぼしている新型コロナウイルス。

でも、そんな中でもブライダル業界全体が前に進もうとしていることもわかりましたし、前向きにとらえようとなさっているカップルが多いことも発見できました。

不安になることもあると思いますが、できることから一歩ずつ、おふたりの幸せに向かって歩き出すプレ花嫁さんが増えたら嬉しいです♡

ABOUT ME
アバター
もえ
2018年に入籍・挙式をし、2019年には新婚旅行に行ってきました。 9歳年上の夫のことが大好きでたまらない♡兼業主婦OLです。 自分の経験を活かして、プレ花嫁さんの不安や疑問を解決します♡